サイトメニュー

医療レーザーの治療

看護婦と女性

治療の効果や経過

ほくろの除去は美容皮膚科でもオーソドックスな治療で、ごく短い時間身を任せるだけでさっぱりきれいになくなります。一番簡単にできるほくろの除去方法が、医療レーザー治療です。医療レーザー治療はムダ毛の医療脱毛やシミ・あざ治療などでもお馴染みです。気になるほくろをターゲットにしてレーザー光線を照射すれば、熱によって丸ごと焼失します。ほくろ除去用のレーザー光線には黒くなったメラニン色素を焼き切る性質があり、効率的にきれいに仕上がります。直径3ミリ以下のごく小さな一般的なほくろであるならば、治療時間は5分もかかりません。痛みには個人差がありますが、医療レーザー脱毛が平気な人であれば麻酔なしでも治療ができるはずです。医療レーザー治療で焼いたあとはしばらく残りますが、ターンオーバーで皮膚が再生されれば自然に解消されます。そうなれば治療は成功で、根こそぎなくなっているなら再発することはありません。なお、除去したあとが完全になくまるまでには、3か月から1年ほどかかります。

低リスクで簡単・仕上がりがきれい・痛みがほとんどないなど、医療レーザーのほくろ除去は欠点なしです。ただ気にしないといけないのが治療をしたあとのケアです。こればかりは医師任せにできませんので、個人個人でしっかりとしなければなりません。治療をしたすぐあとはやけどを負っている状態なので、多少なりとも照射した部分に出血があります。ただ治療が終わったら看護師さんが止血のために保護テープを貼ってくれるので、そんなに気になるほどではないです。患部が落ち着くまでまたは看護師さんから指示された期日まで、保護テープを剥がさないようにすることが大切です。だいたい治療から3日目くらいで保護テープを剥がすと照射した部分が赤く窪んだようになっているのがわかるはずです。窪んでいるのはほくろがあった部分が根こそぎなくなっているからです。ばい菌が入ると腫れたり化膿したりするリスクがあるので、例え何もなくてもクリニックで処方された軟膏を一日一回は必ず塗ってケアすることが大切です。

Copyright© 2019 普通の人とは違う顔のパーツ、違和感を与える可能性 All Rights Reserved.