サイトメニュー

治療に使用する機器

女性

手術の効率性を考える

ほくろは炭酸ガスレーザーで簡単に取ることができます。この手術は時間も短くて、副作用もあまりないです。炭酸ガスレーザーには照射モードがあり、通常の照射モードでは連続したレーザー光線を照射してほくろの組織を蒸散させます。通常の照射モードは照射範囲が広い特徴があります。除去の手術をする時は照射モードを上手く切り替えるのが大切です。通常に照射モードの他にもレーザー光線を非常に短く切って照射するモードもあります。照射モードを切り替えると、ほくろ周辺組織のダメージを少なくできます。スキャナーモードはコンピューター制御で行えます。うスキャナーモードによって広く均一に照射できます。コンピューター制御を行う時は、まずホクロの大きさや形を設定します。こうするとその大きなと形に合うように、照射モードが切り替わります。スキャナーモードを活用すると、ほくろ組織を均一に蒸散できて周辺組織のダメージがより少なくなります。ほくろの除去法は進化していて、炭酸ガスレーザーの性能が上がっています。

ほくろは炭酸ガスレーザーで除去するとは限らないです。大きめの場合はメスで切除する場合もあります。炭酸ガスレーザーを使用するかメスを使用するかは、ほくろの診断結果とカウンセリングによって決まります。メスで除去する時も治療の前に麻酔を使用するので、施術中の痛みはないです。炭酸ガスレーザーで除去する時も麻酔は使用されます。ほくろを除去した後は、できれば当日のメイクは控えるのが大切ですが、翌日からメイクしても大丈夫です。除去した後には赤みが残ることもあります。どの程度の期間赤みが残るかは体質によります。こうした赤みも日にちが経つと消えていくので、あまり心配はいらないです。ほくろの除去に使用する炭酸ガスレーザーは進化していて、使用する機械によって傷跡の大きさや赤みの大きさなども異なります。皮膚科を選ぶ時は使用する機器がどのようなものかを知るのが大切です。炭酸ガスレーザー機器の性能に注目が集まることが多いです。使用する機器が皮膚科医療に与える影響は大きくなっています。

Copyright© 2019 普通の人とは違う顔のパーツ、違和感を与える可能性 All Rights Reserved.