サイトメニュー

基本的に除去は可能

カウンセリング

現在の除去方法

ほくろは肌の表面が黒や茶色になっている場合だけでなく、真皮の方まで母斑細胞が存在している場合もあります。したがって、どのケースでも同じように除去できるというわけではなく、その状態に合わせて除去方法が選ばれている状態です。ほくろ自体は誰でもできるものですが、見た目に影響を及ぼしてしまうことも少なくなく、除去を希望する人も多くいます。また、以前はなかなか綺麗に取り除けなかった部位や状態であっても、現在では綺麗に取り除けるものもかなり増えています。上手に取り除く事によって、自分の見た目に対するコンプレックスを解消することも十分可能となります。また、体にあまり負担をかけることなく取り除けるというメリットがあるだけでなく、アフターケア体制も整っているので、綺麗な肌の状態にしやすいという魅力も存在しています。さらにもしかしたら悪性の可能性も否定できないので、その部位の検査をしてから手術となります。もちろんほくろ自体は放置しておいたとしても問題がないものがほとんどですが、しっかりと検査をした後に手術なので、より安全性が高いという魅力も存在しています。

ほくろがある場合は、基本的にそのまま放置、もしくは除去ということになりますが、その部位に病気がある場合は治療をまずは行うということになります。通常、除去の前は良性か悪性かをチェックし、良性だと判断された場合は除去に進みますが、その時も母斑細胞がどこにあるかで施術が変わります。浅いところにある場合は、表面だけが黒くなっているような状態なのでレーザーを照射して除去します。また、深いところに母斑細胞がある時は表面だけでは足りないので、この場合は切開手術などをして内側にあるメラニンの原因を取り除く形が一般的です。また、ほくろによってはサイズが大きくなっていく場合もありますが、その際はレーザーやメスを利用して除去可能となっています。できた部位、状態によっても施術の内容が変わり、さらに除去が必要かどうかで健康保険が適用されるかどうかも変わってきます。また施術はただできているほくろを除去為るだけでなく、実際にはその後傷跡が出来るだけ目立たないようにするためのケアも行われます。基本的にはテープなどを利用して出来るだけ紫外線に当たらないようにする方法が多く選ばれています。

Copyright© 2019 普通の人とは違う顔のパーツ、違和感を与える可能性 All Rights Reserved.