サイトメニュー

レーザー治療について

医者

レーザー治療の注意点と特徴を説明します

レーザー治療の場合、何回か医療機関に通院することになり治療のための時間をある程度確保する必要が出てきます。一概には言えませんが、レーザーを当ててから1〜2週間後に状態をチェックして、へこみの程度によっては再度通うことになります。大きなほくろを除去する場合、レーザー治療以外の方がいいと医師が判断することもあり、そうなると電気メスで手術となることも。理由としては、再発してしまう確率を下げられることや手術する時間を短くできること、などがあげられます。レーザーによる治療は、基本的に激しい痛みはありませんが、それでも若干の痛みを感じてしまうことがあります。ただ麻酔を使い、痛みを感じにくくした上でレーザーをあてることができるので、痛みの心配はあまりないでしょう。盛り上がりが強くそして濃いほくろの場合、色素を取れないこともあり、そうなると他の方法を選択しなくてはいけません。その場合、治療期間が長くなりまた治療費用が高くなるので、始めから、適切な診察をできる医療機関に相談した方がいいでしょう。

治療をする際に皮膚をメスで切ったり医療糸で縫ったりすることがないのが、レーザー治療の特徴になります。そのため恐怖感をかんじにくい治療方法だと言え、患者としては、ほくろを除去することを決断しやすいでしょう。医療機関でのほくろ除去は安全性が確認されていますが、レーザー治療は複数ある治療方法の中でも特に安全な治療方法だと言われています。治療後、出血してしまったり感染症にかかったりなどのトラブルは、ほとんど起きないと考えることができます。顔の中でも特に注意したい部分、たとえば目や鼻の周りにあるほくろを後悔なく除去しやすいのが、魅力です。可能性として除去の際にメスを使うと、顔が変形してしまうことがありますが、この方法はそういったことが起きる確率を下げることができます。医療機関によりますが、一カ所10分程度で治療をすることができるので、一度に数個のほくろを無くすと言うことも可能です。手術して複数のほくろを除去する場合と比べて、除去にかかる時間を短くすることができる場合が少なくありません。

Copyright© 2019 普通の人とは違う顔のパーツ、違和感を与える可能性 All Rights Reserved.